Home / freesexchatmoblie / Android setvalidating xmlpullparserfactory v1 xmlpull org

Android setvalidating xmlpullparserfactory v1 xmlpull org

Please note: If the document type declaration was ignored, entity references may cause exceptions later in the parsing process. This implies that FEATURE_PROCESS_DOCDECL is true and both, the internal and external document type declaration will be processed. Validating parsers may be able to detect ignorable whitespace at other locations.

Please Note: This feature can not be changed during parsing. The ignorable whitespace string is available by calling get Text() NOTE: this is different from calling the is Whitespace() method, since text content may be whitespace but not ignorable.

Standard Engine Valve.invoke(Standard Engine Valve.java:102),228 ERROR [stderr] (http-/0.0.0.80-7) at org.apache.catalina.connector.

Coyote Adapter.service(Coyote Adapter.java:336),228 ERROR [stderr] (http-/0.0.0.80-7) at org.apache.coyote.http11.

つい先日、むしゃくしゃしてこのようなアプリを作成、公開しました。このアプリ自体は内輪ネタの極みなので死ぬほどどうでもいいんですが、色々と個人的に初めての試みがあり、その辺のノウハウをメモしていきたいなと。と言うわけで、今回は自分でPreferenceを継承し、Preference Activityから呼べるクラスを作成してみます。androidではSDK上にいくつかの便利なPreferenceが既に用意されています。PreferenceのKnown Direct Subclassesから引っ張ってみると、こんな感じですね。逆に言えば、上記の中で欲しい機能がなければ自分で実装するしかありません。ただし、見た目上の問題だけであれば、set Layout Resourceやset Widget Layout Resourceである程度差し替えることが可能です。(違いは後述)で、今回はSeek Barを持ったPreferenceを作成してみたいと思います。これぐらいデフォルトで実装しておいてほしいものです。そもそもPreferenceを継承して何かを作るとき、まず最初にどれから作っていけばいいのか、と言うのは、中々難しい問題です。ただ、他のPreferenceと合わせた時に違和感のあるレイアウトだと困ります。と言うわけで、レイアウト関連から考えていきましょう。Preferenceのデフォルトレイアウトについてはこの記事が非常によくまとまっています。そして結局のところ、preference.xmlかpreference_holo.xmlのどちらかが選ばれます。ただし、set Layout Resourceが呼び出されていると、このリソースへの参照ごと書き換わります。つまり、前述の2ファイルはそのPreferenceには一切適用されないわけです。ただ、Preferenceを継承するなら必ずXMLのソースは一読しておくべきです。例えば、set Layout Resourceを使用しつつ、Preferenceに設定されたtitleやsummary、iconなどを自動で設定してもらいたい場合は、それぞれidとしてを指定しておけばよい、と言うことがわかります。List Activityにおけるandroid:id/listと同じ要領です。また、set Widget Layout Resourceを呼び出すとtitleやsummaryが入っているRelative Layoutの下のLinear Layoutに突っ込まれる、と言うこともわかります。これを頭にいれておくと無駄なコードを書かなくて済むようになる…かもしれません。じゃあこのデフォルトレイアウトはPreferenceのどこで生成されるのかと言うと、on Create Viewです。ソースを確認してみましょう。このソースを見れば、set Layout Resourceを使用しつつset Widget Layout Resourceも使用するにはandroid:id/widget_frameを持ったView Groupがないといけない、と言うこともわかりますね。ライブラリとして公開するつもりがあるなら覚えておきたい事項です。ただし、set Widget Layout Resourceで設定するViewはtitleやsummaryの右側に表示されてしまいます。(Checkbox Preferenceのチェックボックスの位置)できれば下にもって行きたいです。そこで、on Create Viewをオーバーライドしてtitleやsummaryが格納されているRelative Layoutに対し動的に子ビューを追加して対処していきます。ただ、将来的なアップデートで使えなくなる可能性がなきにしもあらずですし、そもそももっとスマートな解決法がありそうな気がするんですが、わかりませんでした。(断念)それじゃあ以上を踏まえて今回用のレイアウトファイルを作ってみましょう。実際にPreferenceに設定されている値を画面上に表示するのはon Create Viewではなくon Bind Viewでやるべき、とドキュメントには書かれています。(on Create Viewで値を設定するとこんなバグが発生する可能性がある。)なので、on Create Viewではレイアウト構造の作成までにとどめておき、実際にSeek Barの初期値などを設定するのはon Bind Viewでやりましょう。ただ、そうした初期設定なんかを取得するには自作Attributeがあると便利です。この辺は割と頑張ってViewを自作したことがある人なら大体知っていると思いますし、調べるといっぱい出てくるので詳しい説明は割愛します。とりあえずは以下の三つの記事を読んでおけばOKです。で、とりあえず欲しいのはSeek Barの最大値ぐらいです。また、何故かdefault Valueは後から取得できないので、コンストラクタで取得する必要があります。ここで注意しなければならないのはandroid.

R.styleable配下の値はJavaのコードではどうやっても取得できないと言うことです。もしもandroid. R.styleable配下のattrを取得したい場合はnameを「android:○○」の形で指定する必要があります。そんなわけでこんなものを適当に作っておきます。Attribute Setを受け取るコンストラクタではinitメソッドに飛ばしてしまいます。Preferenceにはget Persistedで始まるprotectedなメソッドを使うことで自身に設定されている値を取得できるので、persistedで取得できなかったらdefault Valueを使いたいんですが、コメントにも書いてある通りコンストラクタの時点ではPreferenceが所持しているShared Preferences(を取得するPreference Manager)が初期化されていないためpersistedは取得できません。仕方ないのでon Create Viewで取得するようにします。on Bind Viewは割と見たまんまなので割愛します。後はOn Seek Bar Change Listenerのメソッドであるon Progress Changedとon Stop Tracking Touchを実装してしまえばクリア…なんですが、一つ問題があります。on Create View / on Bind Viewで使用するViewは後から取得できません。get Viewと言ういかにもなメソッドはあるんですが、こんな実装です。これはPreference Group Adapter(is Base Adapter)と言うPreference Activity(is List Activity)が持つAdapterから呼ばれるものであり、基本的に我々が呼び出すものではありません。正直これはpackage privateでもよかったんじゃないかってレベルのメソッドです。本来であれば、Preferenceで表示されているデータが変更された場合はnotify Changedを呼ぶのが筋です。これを呼び出すとこんな形でメソッドが連鎖していきます。結局のところon Bind Viewを呼び直すことになるので、ちゃんと値が変更されたように見えるわけです。それはそれでいいんですが、「Seek Barの値をちょっといじる度に今表示されているView(Preference)を再更新させるの?」と考えると、流石に無駄が多すぎる気がします。と言うわけで、on Bind Viewが呼ばれたらViewの参照を弱参照として保持しておくことにします。更に、find View By Idの負担を減らすためにView Holderも用意します。 _seek Bar; private static final class Seek Bar Preference View Holder @Override protected void on Bind View(View view) public void set Max(int max) public void set Current Value(int current Value) private void change Text View() private void save Value(int v) 当然シークバーを動かしただけで勝手に保存してくれるわけではないので、自分で保存する動きを実装する必要があります。と言ってもそんなに難しくないです。get Editorメソッドを呼び出せばShared Preferences.

Application Filter Filter(Application Filter Chain.java:214),227 ERROR [stderr] (http-/0.0.0.80-7) at org.apache.

Standard Wrapper Valve.invoke(Standard Wrapper Valve.java:230),227 ERROR [stderr] (http-/0.0.0.80-7) at org.apache.

If available, the replacement text can be obtained by calling get Textt(); otherwise, the user is responsibile for resolving the entity reference.Generic XMLPull Wrapper.(Pb APIPull Handler.java),226 ERROR [stderr] (http-/0.0.0.80-7) at javax.Http Servlet.service(Http Servlet.java:754),226 ERROR [stderr] (http-/0.0.0.80-7) at javax.XML Pull Parser is an interface that defines parsing functionlity provided in XMLPULL V1 API (visit this website to learn more about API and its implementations).There are following different kinds of parser depending on which features are set: Get next parsing event - element content wil be coalesced and only one TEXT event must be returned for whole element content (comments and processing instructions will be ignored and emtity references must be expanded or exception mus be thrown if entity reerence can not be exapnded).I am converting a Jboss 4.0.2 application to Jboss 7.2 which uses an XML pull library. Xml Pull Parser Exception: resource not found: /META-INF/services/org.xmlpull.v1. I am using an Xml Pull jar named: xpp3-1.1.3_8which is in the /lib directory of my EAR deployment. MXParser Factory which is defined in /META-INF/services/org.xmlpull.v1. Xml Pull Parser Factory make sure that parser implementing Xml Pull API is available; nested exception is:,225 ERROR [stderr] (http-/0.0.0.80-7) org.xmlpull.v1.This event type is never returned from next(); next() will accumulate the replacement text and other text events to a single TEXT event.This feature determines whether the document declaration is processed.Xml Pull Parser Factory make sure that parser implementing Xml Pull API is available,225 ERROR [stderr] (http-/0.0.0.80-7) at org.xmlpull.v1.Xml Pull Parser Instance(Xml Pull Parser Factory.java:278),225 ERROR [stderr] (http-/0.0.0.80-7) at com.protobase.utils.

728 comments

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

*